理念・方針

保育理念

『生きる力の基盤をつくる』

保護者・スタッフが学びの原理を共有し、一貫した学びの環境を通して、 学びの要素を基盤としたお子様の生きる力を育む。

まなびの原理

主体性
Empowerment
みずから学ぶこと

包括的発達
Holistic Development
物事を関連付けること

家族と地域社会
Family and Community
つながりをもつこと

関係性
Relationships
他者や物から学ぶこと

まなびの要素

福利健康
Well-being
心身の安全と健康

所属感
Belonging
つながりと居場所

貢献
Contribution
自他を尊重する

コミュニケーション
Communication
伝える・解釈する

探索
Exploration
冒険と試行錯誤

保育方針

『お子様は有能な学び手 保護者はお子様の最良の教育者』

パイオニアキッズは家庭の子育てのパートナーとして、お子様の最良の教育者である保護者と連携し、お子様の成長を見守る。

パイオニアキッズは有能な学び手であるお子様に一貫した学びの環境を提供し、一人一人のまなびの物語に空白のない連続性を保証する。

パイオニアキッズが目指すお子様の姿

保育所保育指針 第2章の発達過程、お子様の姿を参考に「保育要録」の記録に取り組みます。小学校へ入学した際に、お子様が自分で考え、自分で行動ができるよう、養護と教育を念頭に「笑顔の創造」を理念とした保育を実践いたします。

食育

養護

生命の保持:お子様の健康状態、生活リズム、生活習慣

情緒の安定:お子様の精神的なこと、心と体のバランスや状態

教育

健康:生活習慣・リズムが身についているか。
気持ちが安定しているか。
危険に対応しているか。

人間関係:幼児期に基礎がつくられる。友だちや保育者と深く関わり合い、ルールを守りながら、ともにひとつの目的を持ってあそびこむことができたか。相手に対する思いやりが育ってきたか。

環境:自然物、小動物はもちろん友だちや保育者など人的環境、 それらに積極的に関わり、あそびや生活に生かしているか。

言葉:文字が読める、書けるだけでなく、人に自分の意志や考えを伝えられる。人の話を喜びを持って聞けること。

表現:心を動かされる体験をし、イメージを広げ、表現する。 表現しようとする意欲があり、自分なりの表現を楽しんでいるか。